免疫力とは!?がん(癌)や病気の予防と治療への効果は?

免疫力

 

「免疫力」という言葉を知らない方は少ないと思います。でも具体的にどのような力なのか知っている方はほとんどいないでしょう。

 

私たち人間の生命を脅かすのは病気です。病気にかかる理由には免疫力が大きく関係しています。免疫力を高めた状態を維持できれば、どんな病気にも負けない強い体を手に入れることができます。

 

ここではそんな私たちがすでに体のなかにもっている免疫力について詳しく解説したいと思います。

 

免疫力とは!?

 

私たちが普段からウイルスや細菌に囲まれて生活しています。そんなかでも頻繁に病気にかかることなく、無事に生活できているのはどうしてでしょうか。

 

その答えは免疫が体のなかで外から入ってきたウイルスや細菌と闘ってくれているからです。

 

免疫はまず体の中で、味方と敵の区別をつけます。でないと、味方にも攻撃してしまい良い細胞まで倒してしまいます。

 

まず、体のなかで敵(ウイルスや細菌)を見つけるとすぐさま攻撃し、体から取り除いてくれます。これによって私たちは普段守られているのです。

 

さらに免疫には2種類あると言われています。それが「自己免疫」「獲得免疫」と言われるものです。

 

自己免疫

 

自己免疫は、体のなかでパトロールを常に行っていて、敵を発見するとすぐさま先陣を切って攻撃します。

 

そして異物の情報を「獲得免疫」伝える役割もあります。つまり、敵に対していちはやく攻撃し、その情報を体全体に伝え、異常細胞に対して攻撃する指令を出す「司令塔」のような存在です。

 

獲得免疫

 

獲得免疫は、敵(ウイルスや細菌、異常細胞)の情報を自然細胞から受けとり、体のなかにある細胞を免疫に増やし、敵に総攻撃をしかけます。

 

その際に異物の情報を記憶しておくことも可能です。

 

その結果、同じ敵が侵入してきたときには、以前の情報をもとに戦うことができます。そのため、敵に対する攻撃もスムーズになり、二度目にはある程度の耐性がつきます。

 

(参考:がん免疫とは?)

 

免疫がいるのにどうして病気にかかるのか?

 

外敵に対して攻撃し、体の健康を守ってくれる大切な免疫。しかし、この免疫が弱まることがあります。それは、

 

  • 食生活の乱れ
  • 加齢
  • ストレス
  • 冷え
  • 運動不足
  • 寝不足
  • 喫煙
  • 疲労

 

など、まだまだ原因はありますが、普段からの生活が影響している主な理由はこの8つです。

 

これらの生活習慣が乱れることによって、免疫力が低下し、外敵に対して攻撃する能力が弱くなります。すると、外敵に負けてしまい病気を発症します。

 

さらに体内にもともとある異常細胞に対しても、抑える力が弱くなり、病気を発症します。この場合は主に癌(がん)などの病気です。

 

免疫力と癌(がん)は密接な関係がある

 

ここで一つ疑問が出てきます。癌(がん)といえば不治の病を連想させる怖い病気ですが、どうして免疫力が高くなっても治すことはできないのでしょうか。

 

実は癌(がん)は、巧妙に免疫から逃れることができる「異常細胞」なのです。

 

本来なら免疫が攻撃するはずの異常細胞が、癌(がん)細胞の場合はまるで味方のような信号を発し、免疫から身を隠します。

 

そのため、免疫を向上させただけでは完全に癌(がん)細胞を治すことはできません。

 

しかし、予防にはなります。癌(がん)は一度なると再発する可能性があります。そのため、免疫力を上げて再発や予防するのが癌の治療の一般的な方法です。

 

最近では、異常細胞に対して免疫が勘違いしないように働きかける薬も開発されました。それがFAS阻害薬です。

 

このような治療法が日々発見されています。

 

そして、根本的に免疫力を向上させることは実際に癌(がん)になった場合に医師から告げられることです。ただ、どうやれば免疫力を上げることができるのか、そして具体的な高まる方法を知ってる方はいないでしょう。

 

免疫力を自分で上げる方法

 

免疫力を上げるためには普段からの生活習慣はとても重要です。癌(がん)も生活習慣病の一種です。

 

まずは生活習慣の根本的な改善が必要です。ただ、それだけでは免疫が上がるのかどうか不安な方も多いでしょう。

 

確かに免疫力は数値にでないので、体重のように自分で確認することはできません。また、何かしたらといってすぐに免疫力が上がるわけでもありません。

 

まずおすすめしたいのは食生活。ここはしっかり改善する必要があります。しっかり健康バランスを意識した食事を毎日食べるのは重要です。

 

さらに体の内側から変えていくために、サプリメントを服用するのも一つの方法です。免疫力を上げる成分が含まれたサプリメントも販売されています。

 

各社それぞれ特徴的な原材料を発見し、それを主にしたサプリメントを販売しています。(※米ぬか多糖体を主体にしたマイブランズゴールドプラスもその一つです。)

 

効果・効能は薬事法上、具体的に明記することはできないですが、海外の医療現場で実際に有効活用されている「米ぬか多糖体(RSS)」成分もあります。

 

まとめ

免疫力

 

私たちの体のなかには病気から守ってくれる優秀な免疫という強い味方がいます。

 

しかし、私たちが普段行っている生活によって免疫は力を弱めてしまいます。それによって病気になったりします。

 

毎日の生活習慣を見直せば、もっと免疫をうまく活用して体を強く保つことは可能です。それがたとえ癌(がん)などの病気であっても同じことです。

 

まだ癌(がん)の特効薬はこの世の中に出ていません。今後出てくるかどうかもわかりません。しかし、病気に負けない体を作るのは私たち本人です。

 

常に自分の体の状態を把握して、免疫力を少しでも意識すれば、将来の健康は良い方向に進んでいくのではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加